そこに向かって

草薙優が運営している同人サークル「STRANGE HOUSE」の 制作日記、及び日々の大したことないけど思ったことなどを 書いていきます。たまにお知らせがあったりするかも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

変わったのか

最近、手紙やメールを送ることが非常に増えています。
急に多くなった、からなのかもしれませんが、
この状況下では1日1、2通が限度。
出来るだけ毎日やろうとは思ってるものの、
なかなかうまくいかない。

高校生くらいの頃は全く苦にならなかったのに。

そのころは当然と言えばいいのでしょうか。
メールはもちろんPCからで、ネットをつなぐのも
今のようにつなぎ放題ではなかった。
故に手紙でのやり取りが普通だった。

今はどうだろう?
環境が環境とはいえ、手紙を返すのが非常に遅いと思う。
メールにすれば確かに楽なのだが、
手書きの文章と決してずれることのない
画面上の文字。
どちらの方が気持ちが伝わるか。
どちらの方が心に留まるか。
そんなことを考えたらやはり面倒だと思うことがあっても
手紙を書かないと、と思う。
ただ、どんな内容を書くか考えると、
なかなか要領を得ないのか長くなってしまう。
そうなると手紙を書くのにかかる時間を逆算して
寝る時間から考えて翌日にしよう、休日にやろう、となってしまう。
考えてるだけでも疲労が現れても来る。
相手にして見れば大変失礼なのかもしれない。
何のレスポンスも無いのだから。
twitterは手軽に、何かしら呟いて近況を知らせることが出来るのが
大きなメリット。
だが、気持ちや本心がどれくらい伝わるか考えると、
なかなか難しいアプリケーションである。


……つまり何が言いたいか、自分でもうまくまとまっていないが、
億劫になってる自分がいる、ということではないだろうか。
全力で生きるとか抜かしながら、
だらだらと毎日を送っている自分がいる。
被災者の気持ちは被災者で無いとなかなか分かるものではない。
だが、前を向こうとした人間がこうでは、
誰も手を差し伸べてはくれないだろう。

なんだかんだいって、今日のブログは自分への警告、なのかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| そこに向かって | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。